ロードバイクをフラットハンドル化させたい人のための指南書

こんにちは、このブログで紹介した「ロードバイクのフラットバー化」が記事数20未満にしてはそこそこのアクセスを頂いております。(というかほとんどこのページしかアクセスがない…)

http://spm44.com/blog/archives/213

 

グーグルで「フラットバー化」を検索すると結構上位に来たりもしてます。

 

ただあの記事は所詮僕の日記のようなもので、フラットバー化をしたくて情報収集してる人にはいささか不親切な気もしました。

そこでフラットバー化が気になる、やってみたいという人のために「パーツの選定」「組み立て方」を中心に解説していきたいと思います。

 

続きを読む

紆余曲折してロードバイクをフラットバー化しました

フラットバー化のためのパーツ選定や組み立て方を別記事にまとめました。

[blogcard url=”http://spm44.com/blog/archives/328″]

フラットバー化をやってみたいという人は↑↑こちらの記事も是非参考にしてみてください

 


数ヶ月前、ドロップハンドルがしっくり来なくてMERIDAのロードバイク(スクルトゥーラ400 2016年モデル)をブルホーン化しました。

[blogcard url=”http://spm44.com/blog/archives/99″]

 

2016-06-15 00.16.16

2016-07-10-08-40-04

このブルホーンもしっくり来なかったので結局フラットバーに交換してクロスバイクのように運用することに決めました。

やっぱり自転車はフラットバーが一番だよ…

 

パーツ構成

フラットバー化で付け替えるパーツは以下の通りです

ハンドル

[amazonjs asin="B00RF87FXU" locale="JP" title="GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) ホライズン フラットバー HBR13501 31.8 / 580 mm"]

ハンドルはフツーのアルミのフラットバー。

特にこだわりはないです。

フラットバーハンドルは、ドロップハンドルと比べたらハンドルの換装がものすごく簡単なので、しばらくしたらカーボンハンドルとかも試してみようと思います

 

グリップ

[amazonjs asin="B00N43770G" locale="JP" title="タイオガ Eグリップ ロング/ロング グリップ カラー:ブラック(HBG15700)"]

グリップは、ボルト固定タイプで安いやつを適当に選択。

使ってみると結構握りやすくていい感じ

 

シフター

[amazonjs asin="B00MWI3UBY" locale="JP" title="シマノ SL-RS700 Rapidfire Plus シフトレバー シルバー (左右セット)"]

グループ名がついてるわけじゃないけど、アルテグラグレードらしい

シマノのロードコンポでフラットバー用のパーツはどのグレードもラインナップされているわけではなくて、

105とDuraAceにはドロップハンドル用のSTIレバーしか出てない

これくらいのグレードのロードをフラットバーにする需要がことさら少ないからなんだろうけど、それならそれで105グレードで出せばいいのに

2016-08-14-18-31-44

2016-08-14-18-32-43

2016-08-14-18-32-06

正直なところ全体的に樹脂パーツであんまり高級っぽくない。

レバーの部分だけなんか変な模様ができているけどカーボン製か?

 

ところで裏面の型番刻印の下に「JAPAN」て書いてある

手持ちの他のパーツだと、型番の下はマレーシアだとかタイだとか書いてあるから、このパーツは国産なのかな?

 

 

ちなみにフラットバー化と一緒にフロントシングルに交換することにしたので、シフターは右だけ購入しました。

 

ブレーキレバー

[amazonjs asin="B009SMCL94" locale="JP" title="シマノ ブレーキレバー(機械式) BL-R780L R/L/CBL SS1 フラットバー用 BLK EBLR780PAL"]

こっちもシフターと同じでアルテグラグレードらしい

別にシフターと違って、ブレーキレバーは引きしろがSLR-EVに対応してたら何でもいいのでクラリスグレードでも問題ないけど、値段差も少ないのでちょっと奮発

2016-08-14-18-31-17

ちょっと写真が悪いけど、黒のアルマイト塗装が結構かっこよくて割といい感じ。

2016-08-14-18-34-33

手持ちのクラリスのレバーと比べるとこんな感じ(写真悪いけどw)

曲がりなりにもアルテグラグレードなだけある。

2016-08-14-18-33-05

どうやらこっちのはマレーシア製らしい。Duraは純国産らしいけど、アルテグラはパーツによって違うみたい。

まあブレーキレバーの性能なんて何処で作っても変わんないだろうしね。

 

2016-08-14-18-35-27

フラットバー用のパーツを触ったことない人は知らないかもしれないけど、フラットバー用ブレーキレバーは引き量の異なるブレーキに対応するためにワイヤーの固定位置を変えられる機構がついてる。

このブレーキレバーは曲がりなりにもロード用のパーツなんだけど、写真のようにVブレーキの設定になってた。なんでだ。

 

組み立て

2016-08-15-01-34-44

ドロップハンドルの組み立てに比べたらフラットバーははるかに楽。

問題があるとすれば、フラットバーだと左右のワイヤーが鬼干渉することだけど、

今回フロントシングル化する関係でシフターが片側だけなのでケーブルの取り回しは結構ゆとりがありました。

2016-08-15-01-36-19

 

とりあえず左右5cmずつ切って480mmにしました。

2016-08-15-02-00-46

 

グリップとかつけて完成

 

 

フラットバー化してみて

2016-12-18-11-31-30

 

2016-12-18-11-31-03

見た目はこんな感じになりました。

一月くらい乗ってみたのでフラットバー化して良かったこととをまとめます

悪いところをまとめます

良かったこと

ブレーキがかけやすい

多分これがフラットバー化の最大の利点だと思います

ドロップハンドルのブラケットを握った状態とくらべると、フルブレーキに必要な握力は明らかに小さいです。

制動距離は変わりませんが、ストップの多い街乗りでの疲労感が明らかに減りました。

 

変速操作が楽ちん

これは人によると思いますが、今回使ったシフターはラピッドファイア方式は親指で操作します

変速時は掌でハンドルをガッチリ握って親指に力を込められるので変速の重さを殆ど感じません。

 

 

2016-08-14-18-32-06

ところでこのRSーSL700、4段一気にシフトダウンできます。

使う機会はほとんどないですがw

 

 

悪いところ

ハンドル幅が広い

ドロップハンドルの幅は一般的に400mmくらいです。

対して僕のフラットバーは480mmです。

片側で4cm長いです。

たった4cmですが車道の左側に寄るとき、ぶつけそうで結構怖いです

2016-12-18-11-30-14

ホントはもっと切り詰めたいのですが、フロントブレーキのワイヤーがかなりシビアなカーブを描いていてこれ以上レバーを中央に寄せられません。

うーん、フロントブレーキを左レバー操作にすれば解決するんだけど…

ちょっと悩み中

 

スピードが出しづらい

手の向きがドロップハンドルを持つときと90度ずれています。

この向きだとハンドルに力を込めて全身でガシガシ漕ぐというのがしづらいです。

あと、向かい風とかは影響がもろにきます。

総括

ロードバイクのフラットバー化は「かなりアリ」な改造だと思います

残念ながらレース機材としての価値が完全に失われてしまいますが、街乗りや100kmくらいまでのサイクリングにはかなり強い機材だと思います

 

 

 

 

 

フラットバー化のためのパーツ選定や組み立て方を別記事にまとめました。

[blogcard url=”http://spm44.com/blog/archives/328″]

フラットバー化をやってみたいという人は↑↑こちらの記事も是非参考にしてみてください

 

ロードバイクをブルホーン化する(まとめ)

ロードバイク(MERIDA SCULTURA400)のハンドルをブルホーンに換装したのでまとめます。

経緯

ロードバイクといえばドロップハンドル、ドロップハンドルといえばロードバイク

実際にドロップハンドルに憧れてロードバイクを購入する人も多いと思うが、実際使ってみるとなかなかどうして使いづらい。

下ハンを積極的に握るようなガチレーサーにはドロップハンドルは強い恩恵があるんだろうけど、9割の時間でブラケットを握るような僕にとってドロップハンドルはブレーキレバーの握りづらい構造のハンドルでしかない。

ドロップハンドルの下ハン部分を取り去った構造、つまりブルホーンハンドルにすればブレーキレバーを非常に合理的な向きで取り付けることができる。

それにハンドルの両端部分がいくらか軽くなるからハンドリングにも影響するのでは。まあこっちの効果は期待してないけども

パーツ構成

ハンドル

ハンドルには チネリ ローラ をチョイス

[amazonjs asin="B00A71C2NU" locale="JP" title="チネリ ローラ 31.8mm ハンドル ホワイト 38cm(603031-002318)"]

ブルホーンハンドルってクランプ径が25.4mmのが多くて、ロードバイク用の31.8mmの選択肢が意外と少ないんだよね。

ホントは黒色がよかったけど、ヤフオクで安く中古が手に入ったのでホワイトで妥協。

 

ブレーキレバー

ブレーキレバーは TEKTRO RX4.1 

[amazonjs asin="B008FWMIFK" locale="JP" title="TEKTRO(テクトロ) RX4.1 BR-TK-163"]

ドロップハンドルにつけるブレーキレバーは、ブルホーンバーのフラット部分に付ける方式と、ハンドルの先端に付ける方式がある。

images

前者の方式だと、ブルホーンの標準ポジションである角部分を握っているときにブレーキレバーを握れなくなってしまう。

僕がドロップハンドルはやめたのは、STIのブラケット部分を持ったときのレバーの握りづらさが原因なので、今回はハンドルの先端に取り付けるタイプにした。

 

シフター

シフターは シマノSL-BSR1

[amazonjs asin="B00L7SRMVE" locale="JP" title="シマノ デュラエース(9000) SL-BSR1 バーコン"]

11速が引けるインデックスのシフターってほんとに数が出てなくて、STIレバーを除くとDuraグレードのこのバーエンドコントローラーとアルテグラグレードのSL-RS700しかない。

僕のロードバイクは105コンポなのでDuraAceのパーツなんて分不相応だけどこれしか選択肢がないので仕方がない。ぐぬぬ…

 

そいで、このシフターをハンドルに取り付けるためのアダプタに

[amazonjs asin="B004MVRZ6A" locale="JP" title="ディズナ レバーハンドル マウント(左右ペア) シルバー"]

Dixnaのレバーハンドルマウントも準備。

たかだかハンドルにレバーをつけるアダプタに6000円とか高すぎない?

 

 

組み立てた結果…

2016-07-10-08-40-47

2016-07-10-08-39-56

う~~~ん…

ダサイ…

 

2016-07-10-08-40-32

 

シフターの位置もマウントのチラもすこぶるダサイ。

しかもこのレバーマウントが手に食い込んで痛いし、指が届かなくてリアのロー側3枚が死んでるし。

ブレーキはかけやすくなったけどちょっとコレジャナイ感がおおきいなあ…

フラットバーにしようかなあ(゜-゜)…

 

 

人気ブログランキングへ